風景
障害児教育学研究室
福島大学人間発達文化学類特別支援クラス

update 2019.08.10
福島大学人間発達文化学類「障害児教育学研究室」へようこそ
研究室では,実験心理学の研究方法にもとづいて「能力の多様性」および「障害理解(障害理解教育)」に関する研究を展開しています。
社会は多様な能力をもった人で構成されているからこそ,お互いに補完し合い,創造的な活動を繰り返してきたのだと思います。社会や学校において能力の多様性が認められ,障害に対する理解が促進されることを目指しています。


髙 橋 純 一 (Junichi Takahashi)
 福島大学人間発達文化学類 准教授
 博士(文学)(東北大学)
 専門分野:特別支援教育・実験心理学


< 研究内容 >
最近,取り組んでいる研究は,アファンタジア(aphantasia)の心的イメージ能力に関する研究です(他大学の先生にご教示いただきながら進めています。当事者の方のご意見も参考にしています)。
また,障害観(偏見・差別)の形成と障害理解については,継続的に展開しています(ゼミ生と一緒に進めています)。能力観の抽出についても,他機関の先生と共同研究を進めているところです。


 ① 障害理解に関する研究
 ― 障害観の形成と変容(障害理解教育)
 ― インクルーシブ教育の国際比較
 ― 能力観にもとづいた障害者就労の促進

 ② 能力の多様性に関する研究
 ― 知性と感性における知能観の因子抽出
 ― 障害児・者の感覚・知覚・認知特性(パターン認知,鏡映文字,感覚過敏・感覚鈍麻,感覚の好み(preference))
 ― アファンタジア(aphantasia)の心的イメージ能力


< 著 書 >
 ● 髙橋純一 (2018). パターングッドネス研究の刺激図形, pp. 184-185, 日本基礎心理学会(監修)基礎心理学実験法ハンドブック, 朝倉書店
 ● 髙橋純一 (2017). 第三章インクルーシブ教育の再考―日本とデンマークにおける特別支援教育の比較を通して―, pp. 101-130, 谷雅泰・青木真理(編著)転換期と向き合うデンマークの教育, ひとなる書房

< 学術論文 >
 ● Takahashi, J., Kawachi, Y., and Gyoba, J. (2019). Expansion and Contraction Modulate Visual Short-term Memory. Advances in Cognitive Psychology, 15, 95-110.
 ● 髙橋純一・成井彩美・大関彰久 (2019). 態度の評価成分と感情成分が障害者との交流意識に及ぼす影響. 人間環境学研究, 17, 51-57.
 ● Takahashi, J., Yasunaga, D., and Gyoba, J. (2019). Effects of Pattern Complexity on the Retrieval Stage of Visual Short-Term Memory in Relation to Autistic-Like Traits. Advances in Neurodevelopmental Disorders, 3, 63-71.
 ● Yasumura, A., Omori, M., Fukuda, A., Takahashi, J., Yasumura, Y., Nakagawa, E., Koike, T., Yamashita, Y., Miyajima, T., Koeda, T., Aihira, M., and Inagaki, M. (2019). Age-related differences in frontal lobe function in children with ADHD. Brain & Development, 41, 577-586.
 ● Takahashi, J. and Tsurumaki, M. (2018). Construction of patterns considering spatial configuration between radicals of Japanese Kanji and their complexity ratings. Tohoku Psychologica Folia, 77, 41-47.
 ● Takahashi, J. (2018). Affective Impressions of Various Disabilities Using the Semantic Differential Method. International Journal of Humanities and Social Science, 8, 161-168.
 ● Yasumura, A., Omori, M., Fukuda, A, Takahashi, J., Yasumura, Y., Nakagawa, E., Koike, T., Yamashita, Y., Miyajima, T., Koeda, T., Aihara, M., Tachimori, H., and Inagaki, M. (2017). Applied Machine Learning Method to Predict Children With ADHD Using Prefrontal Cortex Activity: A Multicenter Study in Japan. Journal of Attention Disorders.
 ● Takahashi, J., Tsurumaki, M., and Ozeki, A. (2016). Attitudes Formation of Japanese Teachers toward Inclusive Education System. Tohoku Psychologica Folia, 75, 1-8.
 ● Takahashi, J., and Haga, A. (2016). Evaluation of Impressions toward People with Intellectual and Developmental Disabilities using the Semantic Differential Method. International Journal of Humanities and Social Science, 6, 257-262.
 ● 髙橋純一・遊佐千尋・鶴巻正子 (2016). 子どもの行動に対する肯定的捉え直しが発達障害幼児の保護者の養育スタイルに及ぼす影響. 障害理解研究, 17, 17-28.
 ● Takahashi, J., Hirano, T., and Gyoba, J. (2015). Effects of facial expressions on visual short-term memory in relation to alexithymia traits. Personality and Individual Differences, 83, 128-135.
 ● Takahashi, J., Tsurumaki, M., Tamaki, K., Takaya, R., and Sato, T. (2015). Mental Rotation of Viewpoint-Dependent/Independent Features in Children with Difficulty in Japanese Kanji Writing. Journal of Special Education Research, 3, 35-43.
 ● Takahashi, J., Kawachi, Y., and Gyoba, J. (2015). Visual Short-term Memory is Modulated by Visual Preference for Spatial Configuration between Objects. Gestalt Theory, 37, 141-160.
 ● 柴田寛・髙橋純一・行場次朗 (2015). お辞儀の主観的印象と社会的文脈に対する適切さ. 心理学研究, 85, 571-578.
 ● 髙橋純一・安村明・中川栄二・稲垣真澄 (2015). 発達障害の診断と治療:生理学的指標に基づいた知見,ADHD児を対象としたSCP訓練効果の検証. 認知神経科学, 16, 179-187.
 ● 安村明・髙橋純一・福田亜矢子・中川栄二・稲垣真澄 (2015). 発達障害の診断と治療:生理学的指標に基づいた知見ADHD児における実行機能の検討, 干渉抑制機能の観点から. 認知神経科学, 16, 171-178.
 ● Takahashi, J., Yasunaga, D., and Gyoba, J. (2014). Differences in the Efficiency of Pattern Encoding in Relation to Autistic-Like Traits: An Event-Related Potential Study. Journal of Autism and Developmental Disorders, 44, 2895-2907.
 ● 髙橋純一・村井諒平・平野智久・行場次朗 (2014). ネガティブ顔優位性効果とポジティブ顔優位性効果の異なる生起過程. 認知科学, 21, 363-371.
 ● Takahashi, J., Yasumura, A., Nakagawa, E., and Inagaki, M. (2014). Changes in negative and positive EEG shifts during slow cortical potential training in children with attention-deficit/ hyperactivity disorder: a preliminary investigation. NeuroReport, 25, 618-624..
 ● Takahashi, J., Hidaka, S., Teramoto, W., and Gyoba, J. (2014). Temporal characteristics of the effects of visual pattern redundancy on encoding and storage processes: Evidence from rapid serial visual presentation. Psychological Research, 77, 687-697.
 ● Takahashi, J., Gyoba, J., and Yamawaki, N. (2013). Effect of spatial complexity on visual short-term memory and self-reported autistic-like traits in typically developed individuals. Journal of Autism and Developmental Disorders, 43, 1725-1731.
 ● Tamaki, K. and Takahashi, J. (2013). The relationship between adult attachment style and social skills in terms of the four-category model of attachment style. International Journal of Humanities and Social Science, 3, 84-90..
 ● Takahashi, J., Takaya, R., Harano, A., Sato, T., and Tsurumaki, M. (2013). Visuomotor abilities in children with low birth weight: A review and suggestions for future research.Tohoku Psychologica Folia, 72, 7-15..
 ● Takahashi, J. (2013). Multiple intelligence theory can help promote inclusive education for children with intellectual disability and developmental disorders: Historical reviews of intelligence theory, measurement methods, and suggestions for inclusive education. Creative Education, 4, 605-610.
 ● Takahashi, J. (2013). Suggestions for a teacher training program for inclusive education in a Japanese university. Creative Education, 4, 509-513.
 ● Takahashi, J., Tamaki, K., and Yamawaki, N. (2013). Autism spectrum, attachment styles, and social skills in university students. Creative Education, 514-520.
 ● Takahashi, J. and Yasunaga, D. (2012). Reported visual imagery and apparent motion: an event-related potential study. NeuroReport, 23, 904-910.
 ● Takahashi, J. and Gyoba, J. (2012). Self-rated autistic-like traits and capacity of visual working memory. Psychological Reports, 110, 879-890.
 ● Takahashi, J., Kawachi, Y., and Gyoba, J. (2012). Internal criteria underlying affective responses to visual patterns. Gestalt Theory, 34, 67-80.
 ● Takahashi, J. and Hatakeyama, T. (2012). Reported vividness in visual imagery and apparent motion. Journal of Mental Imagery, 36, 51-60.
 ● 髙橋純一・畠山孝男 (2011). 視覚探索の低次・高次処理段階と心像能力の個人差の次元. イメージ心理学研究, 9, 25-38.
 ● Takahashi, J. and Hatakeyama, T. (2011). Spatial and nonspatial working memory and visual search. Psychological Reports, 108, 893-907.
 ● Takahashi, J., Suzuki, Y., Shibata, H., Fukumitsu, Y., Gyoba, J., Hagiwara, H., and Koizumi, M. (2011). Effects of non-native language exposure on the semantic processing of native language in preschool children. Neuroscience Research, 69, 246-251.
 ● Takahashi, J., Suzuki, Y., Shibata, H., Fukumitsu, Y., Gyoba, J., Hagiwara, H., and Koizumi, M. (2010). Effects of development and non-native language exposure on the semantic processing of native language in preschoolers. Tohoku Psychologica Folia, 69, 8-22.

< その他(紀要,技術報告,発表賞抄録など) >
 ● 髙橋純一 (2019). 日本におけるインクルーシブ教育とモンテッソーリ教育―モンテッソーリ教育にはあって、インクルーシブ教育には足りないもの―. モンテッソーリ教育, 51, 17-26. [講演論文,査読無し]
 ● 谷雅泰・髙橋純一 (2019). 障害者の青年期教育保障の動向と「カレッジ郡山」の発足. 福島大学地域創造, 30, 3-13. [紀要,査読無し]
 ● 高谷理恵子・鶴巻正子・佐藤拓・髙橋純一・山下敦子・小原美由喜・西野壽美・石沢栄太・氏家二郎・石井勉・河原田勉・原野明子 (2018). 低出生体重児が抱えやすい幼児期の問題と発達支援(1)―子どもの発達支援を中心に―. 福島大学総合教育研究センター紀要, 24, 17-22. [紀要,査読無し]
 ● 山下敦子・高谷理恵子・鶴巻正子・佐藤拓・髙橋純一・小原美由喜・西野壽美・石沢栄太・氏家二郎・石井勉・河原田勉・原野明子 (2018). 低出生体重児が抱えやすい幼児期の問題と発達支援(2)―保護者支援を中心に―. 福島大学総合教育研究センター紀要, 24, 23-29. [紀要,査読無し]
 ● 原野明子・鶴巻正子・佐藤拓・髙橋純一・山下敦子・小原美由喜・西野壽美・石沢栄太・氏家二郎・石井勉・河原田勉・高谷理恵子 (2018). 低出生体重児が抱えやすい幼児期の問題と発達支援(3)―保育現場における調査研究―. 福島大学総合教育研究センター紀要, 24, 31-37. [紀要,査読無し]
 ● 成井彩美・髙橋純一 (2017). 障害に対する感性印象が障害者との交流意識に及ぼす影響. 電子情報通信学会技術報告, HIP2017-87, 23-26. [技術報告,査読無し]
 ● 髙橋純一・芳賀彩那 (2016). 障害に対する感性印象の測定. 電子情報通信学会技術報告, HIP2016-64, 17-20. [技術報告,査読無し]
 ● 髙橋純一・谷雅泰・青木真理 (2016). 日本とデンマークにおける特別支援学校の比較. 福島大学人間発達文化学類論集, 24, 1-11. [紀要,査読無し]
 ● 青木真理・髙橋純一・谷雅泰 (2016). デンマークのASD者就業支援の一例について-Specialisterne訪問調査から-. 福島大学地域創造, 28, 58-63. [紀要,査読無し]
 ● 髙橋純一・五十嵐育子・神野與・鶴巻正子 (2016). インクルーシブ教育に対する質問紙(SACIE-R日本語版)の標準化. 福島大学総合教育研究センター紀要, 20, 61-65. [紀要,査読無し]
 ● 髙橋純一・鶴巻正子・木村勝典 (2015). 福島大学における特別支援学校教諭免許状認定講習に対する教員の意識調査-視覚障害および聴覚障害に関する科目についての分析-. 福島大学総合教育研究センター紀要, 18, 1-10. [紀要,査読無し]
 ● 髙橋純一・五十嵐育子・鶴巻正子 (2014). インクルーシブ教育に対する知的障害を主とした特別支援学校教師の意識調査 -SACIE質問紙とTEIP質問紙の日本語版作成の試み-. 福島大学総合教育研究センター紀要, 17, 19-27. [紀要,査読無し]
 ● 髙橋純一・松﨑博文 (2014). 障害児教育におけるインクルーシブ教育への変遷と課題. 福島大学人間発達文化学類論集, 19, 13-26. [紀要,査読無し]
 ● 髙橋純一・安永大地・行場次朗 (2013). 自閉症傾向者における視覚表象の符号化特性―事象関連電位による検討―. 電子情報通信学会技術報告, HIP2013-68, 47-52. [技術報告,査読無し]
 ● 原野明子・高谷理恵子・佐藤拓・髙橋純一・氏家二郎・石井勉・河原田勉・鶴巻正子 (2013). 幼児期における低出生体重児の発達支援(2)―幼児教室を中心に―. 福島大学総合教育研究センター紀要, 15, 59-67. [紀要,査読無し]
 ● 高谷理恵子・原野明子・佐藤拓・髙橋純一・氏家二郎・石井勉・河原田勉・鶴巻正子 (2013). 幼児期における低出生体重児の発達支援(1)―母親教室を中心に―. 福島大学総合教育研究センター紀要, 15, 51-57. [紀要,査読無し]
 ● 髙橋純一 (2013). 視覚イメージ鮮明性と仮現運動. 若手イメージ研究者のためのブラッシュアップセミナー予稿集, 46-49. [予稿集,査読無し]
 ● 髙橋純一・玉木宏樹・山脇望美 (2012). 健常大学生を対象とした自閉症スペクトラム指数及び愛着スタイルの個人差と社会スキルとの関連. 電子情報通信学会技術報告, HIP2012-51, 17-22. [技術報告,査読無し]
 ● Takahashi, J., Kawachi, Y., and Gyoba, J. (2011). Different effects of expanding and contracting motion on visual short-term memory. The Japanese Journal of Psychonomic Science, 30, 139-140. [発表賞抄録,査読無し]
 ● 髙橋純一・行場次朗 (2011). 健常大学生を対象とした自閉症スペクトラム指数と視覚的短期記憶容量の関連. 電子情報通信学会技術報告, HIP2011-55, 77-82. [技術報告,査読無し]
 ● 髙橋純一・河地庸介・行場次朗 (2010). 視覚的短期記憶を変容させる拡大/縮小運動. 電子情報通信学会技術報告, HIP2010-54, 63-67. [技術報告,査読無し]
 ● 髙橋純一・日髙聡太・寺本渉・行場次朗 (2009). 視覚パターンの冗長度が反復の見落とし現象における視聴覚相互作用に及ぼす影響. 電子情報通信学会技術報告, HIP2009-115, 109-113. [技術報告,査読無し]
 ● Takahashi, J., Kawachi, Y., and Gyoba, J. (2009). Location memory of visual patterns modulated by preference. The Japanese Journal of Psychonomic Science, 28, 163-164. [発表賞抄録,査読無し]
 ● 髙橋純一・河地庸介・行場次朗 (2008). 視覚パターンの空間位置記憶における好みの影響の多様性. 電子情報通信学会技術報告, HIP2008-130, 41-46. [技術報告,査読無し]


< 賞 歴 >
 ● 2012年 日本認知心理学会第10回大会優秀発表賞「総合性評価部門」
 ● 2010年 日本基礎心理学会第29回大会優秀発表賞
 ● 2008年 日本基礎心理学会第27回大会優秀発表賞


< 所属学会 >
 ● 日本認知心理学会
 ● 日本基礎心理学会
 ● 日本特殊教育学会
 ● 日本教育心理学会
 ● 障害学会
 ● 日本心理学会
 ● 東北心理学会


< 職 歴 >
 ● 2014年 4月 ~ 現在まで    福島大学人間発達文化学類准教授
 ● 2018年 8月 ~ 2018年 8月  山形大学(地域教育文化学部)非常勤講師「認知心理学」
 ● 2015年10月 ~ 2015年12月  山形大学(地域教育文化学部)非常勤講師「認知心理学」
 ● 2013年 9月 ~ 2014年 3月  田園調布学園大学非常勤講師「発達心理学」「教育心理学」
 ● 2013年 4月 ~ 2014年 3月  日本学術振興会特別研究員 (PD):国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所知的障害研究部
 ● 2013年 4月 ~ 2014年 3月  昭和女子大学非常勤講師「感覚評価・鑑別論」
 ● 2012年 9月 ~ 2013年 3月  尚絅学院大学非常勤講師「情報処理」
 ● 2010年 4月 ~ 2013年 3月  東北文化学園大学非常勤講師「心理学概論」「心理学基礎実験」
 ● 2010年 4月 ~ 2013年 3月  日本学術振興会特別研究員 (DC1)
 ● 2009年 4月 ~ 2010年 3月  東北大学附属病院小児科(心理検査)


< 学 歴 >
 ● 2013年 3月 博士(文学)の学位取得
 ● 2013年 3月 東北大学大学院文学研究科博士課程後期修了
 ● 2010年 4月 東北大学大学院文学研究科博士課程後期進学
 ● 2010年 3月 修士(文学)の学位取得
 ● 2010年 3月 東北大学大学院文学研究科博士課程前期修了
 ● 2008年 4月 東北大学大学院文学研究科博士課程前期入学
 ● 2008年 3月 山形大学教育学部生涯教育課程発達臨床教育コース卒業



福島大学人間発達文化学類特別支援クラスHPへ